株式会社ファーマみらい
健康情報
旬のたべものレシピシリーズ「とうもろこし」
PDF ←このレシピを印刷するには、PDFデータをダウンロードして印刷してください

 ≪ オススメの献立 ≫ 

 
 ●主食主菜:黒豆キーマカレー
   ※麦ごはん(120g・196kcal)
 ●汁物:冷たい豆乳コーンポタージュ
 副菜:ゴーヤのピクルス
 副菜:イカの香り蒸し
 
 
 
 
 
 
 
 
 <献立の栄養価>
エネルギー:584kcal、塩分:2.6g、糖質:68.0g
脂質:19.0g、たんぱく質:25.7g、食物繊維:7.7g

 

 
 
 
 
 
 
<おすすめレシピ>
●主菜●主食
■黒豆キーマカレー(栄養価1人分;エネルギー437kcal、塩分:1.8g、食物繊維:5.5g)
作業時間約25分
<材料・2人分>
   
   黒豆20g、豚ひき肉80g、玉ねぎ¼個
   にんにく2かけ、生姜20g、にんじん½本
   サラダ油小さじ1、水1カップ、カレールウ2皿分
  
 
 
   <作り方>
1)黒豆をフライパンで5分ほど炒り、沸騰した湯にしばらく浸す。
2)玉ねぎ・人参・しょうが・にんにくをみじん切りにする。
3)鍋に油を熱して玉ねぎをよく炒め、②を加えてさらに炒める。
4)③に豚ひき肉を加えて炒める。
5)肉に火が通ったら水と水を切った黒豆を加えて10分火にかける。
6)お好みのカレールウを加えてなじむまで煮込んだら、ご飯と一緒に器に盛りつけて完成。
 
●汁物
■冷たい豆乳コーンポタージュ(栄養価1人分;エネルギー93kcal、塩分:0.1g、食物繊維:1.7g) 
調理時間約20分
<材料・2人分>
   
   とうもろこし1本、豆乳1カップ
   水½カップ、塩こしょう少々
   
 
 
 
<作り方>
1)とうもろこしの粒を包丁で削ぎ落す。
2)鍋に①と豆乳と水を加えて火にかける。
3)粗熱が取れたらミキサーにかけて塩こしょうで味を調える。
4)冷蔵庫で冷やし、カップに盛りつけたら完成。
 
 
 
●副菜
■ゴーヤのピクルス(栄養価1人分;エネルギー18kcal、塩分:0g、食物繊維:0.5g) 
調理時間約15分
<材料・2人分>
  
  ゴーヤ½本、黒コショウ少々
  ★水100㏄、酢50㏄、砂糖大さじ1
  
 
 
 
   <作り方>
1)鍋に★を入れて火にかける。砂糖が溶けて沸騰したら火を止めて冷ましておく。
2)ゴーヤの端を切り落として適当な長さに切る。中の種とワタをくりぬいたら、
   5㎜程度の輪切りにし沸騰したお湯で1分ほど茹でる。
3)①②が冷めたら密閉容器に入れ、黒こしょうをかけたら冷蔵庫へ。
4)味が染みたら器に盛りつけて完成。
 
●副菜
■イカの香り蒸し(栄養価1人分;エネルギー36kcal、塩分:0.7g、食物繊維:0g)  
調理時間約10分
<材料・2人分> 
  
  いか80g、大葉1枚
  ★しょうゆ小さじ、1生姜チューブ小さじ1、酒小さじ1
   
 
 
 
   <作り方> 
1)いかは皮をむいて一口大に切り、格子状に切れ目を入れる。
2)耐熱容器に①と★を入れてレンジで約2分、加熱する。
3)器に盛りつけて、細かく切った大葉を乗せたら完成。
 
 
≪ バランスよく栄養をとるために… ≫ 
 からだにうれしい食べ合わせ 
◆とうもろこし+豆乳
   とうもろこしのたんぱく質は必須アミノ酸のリジンが少ないので、
   リジンを多く含む豆乳と一緒に摂ることで
   たんぱく質の栄養価を高めることができます!
 
  ◆ゴーヤ+酢
   ゴーヤのビタミンCは野菜の中でもトップクラス!
   ストレスを感じると身体の中でビタミンCが大量に消費されます。
   疲労回復効果のあるクエン酸を含む酢と一緒に摂ることで疲れを吹き飛ばしましょう!
   
 
  ◆黒豆+にんにく+しょうが
   ポリフェノールたっぷりの黒豆は抗酸化作用が強く、血のめぐりを良くしてくれます。
   しょうがやにんにくは胃腸の調子を整えてくれる働きもあるので、
   冷たい飲み物で胃腸を冷やしてしまいがちな夏にはぴったりの組み合わせです!
 
 
 献立のポイント
 暑さによる疲れを身体の内側からとりましょう♪
  黒豆、しょうが、にんにくなど薬膳効果の働きも多い食材を取り入れ、
  ビタミンCと酢の相乗効果で体の内側から元気にしましょう!
 
 夏の疲れたお肌に嬉しい栄養素がたっぷり!
  しそのビタミンB₂やゴーヤのビタミンC、黒豆と豚肉のたんぱく質
  など肌に嬉しい栄養素をたっぷりとって肌を健康に保ちましょう。

 

『盂蘭盆会(うらぼんえ)』
お盆は正式には『盂蘭盆会(うらぼんえ)』と言います。これはインドのサンスクリット語の『ウラバンナ』からきているもので、略してお盆と呼ばれます。期間は地域によって異なりますが、ご先祖様の霊をおもてなしするために様々なものを用意します。精霊馬としてナスときゅうりに割り箸をさして作られるお供え物をご存じですか?これは、ご先祖様があちらとこちらの世界を無事に行き来するための乗り物です。きゅうりは馬、ナスは牛に見立てているそうです。来られるときは足の速い馬で少しでも早く帰ってこれるように、帰りは重たい荷物も載せて牛に乗ってのんびりと戻られるようにとの願いが込められています。年に1度の大切な時間の為に、簡単なお供え物でもぜひご準備してみてくださいね。
 
 
≪ 7月旬のたべもの ≫ 

あおとうがらし、いんげん、えだまめ、しそ、トマトなす、ゴーヤ、パプリカ、あゆ、いわし、

きす、あわび、くるまえび、もも、ぶどう、パイナップル など…

 
 今月は とうもろこし ♪
* とうもろこしの栄養
 粒の表皮にはセルロースという食物繊維が豊富です。
 便通改善や、有害物質を体外に排泄する働きがあります。
 また、たんぱく質や糖質、カリウムやビタミンB₁も多く含み、
 旬を迎える夏に食べればビタミンB₁が夏バテ予防に効果的です。
 
 旬:6~9月 
 主な産地:北海道、千葉県、茨城県など
 
  とうもろこし をおいしくたべよう! R2.7.21現在 小売価格98円/1本
  * 選び方
   ・ひげが褐色のものは熟している。
   ・皮が鮮やかな緑色の物。皮付きのものは栄養価が落ちにくい。
   ・粒がそろっていて、実がびっしりと詰まっているもの。
  * 保存
   ・栄養の劣化が早いので食べる直前に皮をむく。
   ・茹ででから冷蔵庫、または冷凍庫へ。
 
 
 お肌に嬉しい栄養素をとろう♪  
 

暑い時期になると汗やマスクで肌が敏感になりがちです。

肌に嬉しい栄養素をしっかり摂って健康に保ちましょう♪

肌に嬉しい栄養素

肌荒れを悪化させてしまう食べ物は食べすぎに注意!

 高糖質・高脂質なものは注意が必要です。
 チョコレート/洋菓子/スナック菓子/大量のナッツ類
 揚げ物などの脂っこいもの/アイスクリーム etc・・・
 
 
無料!栄養相談承ります。
ご希望の方は、薬局スタッフまでお気軽にお申し付けください。
ダイエット 貧血 高コレステロール 高血圧 糖尿病 腎疾患 尿路結石 痛風(高尿酸血症) 等
株式会社 ファーマみらい 管理栄養士
copyright